ヒューマンバス 快適な旅をエスコートするヒューマンの旅!

スタッフの紹介

ドライバー1
所長/田島 幸雄(たじまゆきお)
趣味/山歩きが好きです。富士山をはじめ、これまで自分でツアーを組んでたくさんの山を登りましたが、一番印象深いのは阿蘇山です。あの雄大さは素晴らしいと思います。

Q.ヒューマンバスの業務内容を教えてください。
 ヒューマンバスでは現在、大型4台、中型2台、小型3台と、合計9台のバスを所有し、修学旅行や職場旅行、送迎など様々な場面に応じて運行しています。
Q.あなたの仕事内容とミッション(使命、任務)をお聞かせください。
 私は運行管理という資格を持っていますので、お客様をお迎えに行く場所やご案内する運行ルート、時間配分などを確認して、ドライバーに指示する仕事をしています。自分で運行を計画することもありますが、各旅行会社様が組まれている日程表を見て、時間内の運行が可能かどうか、ドライバーに過度な負担はないかなどを細かくチェックします。
 私の使命は何をおいても「安全運行」です。そのためにドライバーには運行ルートや時間を早めに指示するように心がけています。ドライバーが心に余裕を持ってハンドルを握れるような環境を作ることが私の大きな仕事です。
Q.ヒューマンバスはお客様にどのように支持されていますか、また支持されている理由は何だとお考えでしょうか?
 お客様にいつも言っていただくのは、バスがとてもきれいだということ、そしてドライバーが親切だということです。夏の暑い中、トランクルームの中から荷物を一生懸命探したり、急な雨の時はお客様へ傘を持って行って差し上げるなど、10名のドライバー全員が心を込め、お客様の要望に100%応えようと努力しています。お客様の中には、ドライバーに対して取っつきづらいとか、話しかけづらいといったイメージをお持ちの方が多くいらっしゃいます。しかし弊社のドライバーはにこやかな対応で、他社と比べても非常にいい評価をいただいています。
Q.お客様に支持されるために、日々どんなことを心がけていますか。また、どんなスタッフ教育を行っていますか。
 一人一人のお客様に対して心を込めて対応するというのは、創業当時からのモットーです。例えば、野球チームを試合会場まで送迎する時はドライバーも一緒になってお客様のチームを応援します。弊社では、ドライバーがバスの中でじっとしていることを良しとしません。そうしたことを徹底していますので、ドライバーの指名率は非常に高いですね。
 安全面に関しても、ドライバーが担当車両以外の車両に乗ることで、気付きが生まれます。「あの車両はクラッチが少し上がってきてるよ」など、ドライバー同士がお互いに注意しあえる関係を築けていることは非常にいい点だと思っています。
 また私自身は社内教育の大事な柱でもある「凡事徹底」ということを心がけています。凡事徹底ができていなかった結果ミスが起きることがありますので、この言葉は胸にいつも刻んでいます。
Q.これまでで印象に残ったエピソードを教えてください。
 つい先日、ある旅行会社様のツアーを初めてお受けしました。その旅行会社様は毎回お客様にアンケートを書いていただくそうなんですが、その中にドライバーや添乗員に対する印象が非常に多く書かれていて、大変好評価をいただいたそうなんです。担当の方から「アンケートにこんなに添乗員やドライバーのことを書かれたことはない!」と、とても喜ばれ、また次のツアーもお願いしたいと嬉しいお言葉をいただきました。
Q.これからどんな会社を目指していきたいと思っていますか。
 私たちは人の命を預かる仕事です。これからもとにかく安全第一で運行をしてまいりたいと思っています。
ヒューマンバス
ヒューマントラベルへ
ヒューマンスグループへ
ヒューマンスクール早岐へ
ヒューマンスクール松浦へ